丁寧で優しい医者もいる

歯医者さんというと、「痛かったら右手をあげてください」とよく言うものだから、痛いなと思った際に、実際に右手をあげたことがある。が、それでやめてくれる歯医者などいない。たいていは右手をあげたとしても、「痛いよね、我慢してね」と言われてさらっと流されるか、優しい人なら少し和らげてくれたりもするが、結局は我慢するしかないと思わされることが多かった。私は、虫歯よりも歯石の除去をするために、年に数回、歯医者に通うことにしている。検診で問題がなくても、歯石は日々の歯磨きだけでは全て取り除くことがむずかしく、溜まってしまうことが多いので、歯石を取ってもらいに行くが、案外グリグリやられると痛いし、口を濯いだ後に血が出るものだから、この医者はなんて雑なんだ!と思うこともあった。それゆえ、友人に相談し、教えてもらった歯医者に変えた時のこと。その歯医者では、痛みを訴えると本当に優しく気を配ってくれ、少しゆっくりと、歯石の除去にしても検診にしてもとても丁寧で、恐怖心がかなり和らいだことを覚えている。そして、気になっていた歯石の除去後の血はなんなのかを聞いてみた。すると、どうやら口の中を傷つけているから血が出ているのではなく、歯石を除去すると出るということを教えてくれた。私は、てっきり手が洗いせいで歯茎やらを傷つけられて血が出てしまっていると思い込んでいたため、驚いてしまった。なんだか、前の歯医者さんを手荒い人のように思ってしまったことを申し訳なく思うのでした。